初心者

バイナリーオプションとは?初心者にもわかりやすくポイント総まとめ

更新日:

binary-option

バイナリーオプションという言葉を聞いたことはありますか?

バイナリーオプションとは、FXと同じ為替相場のチャートを元に取引を行う投資の一種です。

FXとは違い損失を限定させられるので、ずっとチャートを監視していなくても安心だったり、費やす時間が短時間のためサラリーマンの副業としてや主婦の方にも適しています。

しかし一方で、簡単に取り組めるその性質上、初心者の方が安易なエントリーを連続させて負け越し、「勝てない」「ギャンブルだ」などという良くない声もネット上では多く見かけます。

今回は、そんなバイナリーオプションについて理解しておくべきポイントを初心者の方でもわかるように列挙して見やすくまとめました。

会社に勤めて定年まで真面目に働いていれば良いという時代が終わった今日、しっかりと計画的に自己資産を増やしていくためにも、バイナリーオプションという投資がアリなのかを見極める材料として読み進めてみてください。

バイナリーオプションをマスターして利益を出せるようになると、自己資産の増幅により老後の心配が減ったり、自由な時間が増えます。家族旅行により多く行けるようになったり、親孝行をするゆとりもできてきます。

 

バイナリーオプションって何なの?

binary-option1

バイナリーオプションとは、為替相場の上がり下がり(USD/JPYで言えば円高/円安など)を予想し利益を出していく投資手段の1つです。

エントリーしたポイントから一定時間後に相場が上がっているのか下がっているのか、を当てれば良いというシンプルな二者択一ルールを採用しています。

実際の取引画面を見るのが最もわかりやすいため、ハイローオーストラリアという海外業者の取引画面を例にします。

binary-option2

この画面のように、バイナリーオプションは4つのステップを経由して報酬を獲得していきます。

  1. 投資金額を決める
  2. 上(higt)か下(low)かの予想エントリーを入れる
  3. 一定時間後のライン到達時に勝敗が確定する
  4. ペイアウト倍率に基づいた払い戻し(勝ちの場合は1.88倍/負けの場合は0)を受ける

基本構造はFXと同じ為替相場の予想ですが、ステップの③と④がFXと異なります。

③決済までの時間が決まっていること④ペイアウト倍率による払い戻しを採用していること、この2点がFXとバイナリーオプションを異なるものにしている部分であり、バイナリーオプションの大きな特徴になります。

 

決済までの時間が決まっている

30秒後、1分後、5分後、15分後など、一定時間が経過したら強制的に勝敗の判定が行われます。

この強制決済のルールがあることにより、自分の意思で決済(利確/損切り)をするFXとは違い、為替相場のチャート画面前に長時間張り付く必要がなくなります。

ポイント

一度エントリーをしたら勝敗確定までの間に行う作業は基本ないため、仕事中のサラリーマンや主婦の方などが隙間時間に自分の資産を増やすことが可能となります。

 

ペイアウト倍率による払い戻し

バイナリーオプションはペイアウト倍率に基づいた払い戻しがなされます。

例えば、ペイアウト倍率1.8倍の場合

・1万円を上方向にエントリーして正解 → 18,000円ゲット!(8,000円の勝ち)
・1万円を上方向にエントリーして不正解 → 0円(10,000円の負け)

先ほどのハイローオーストラリアの取引画面で、負けた場合のステップを確認してみます。

  1. 投資金額に10,000円を入力
  2. 上(higt)にエントリー
  3. 判定時刻の時点で下降していた→予想はずれが確定
  4. 投資金額10,000円がすべて没収

このように、ペイアウト倍率による払い戻しのため、どんなに大きな下落を伴って負けようが、損失額はエントリーした金額分(上記例で言えば1万円)のみに限定できます。

この損失額の限定は、バイナリーオプションの大きな特徴であり、FXとバイナリーオプションを共存させている理由の1つです。

ポイント

HighかLowの単純な二者択一、勝てば約2倍、負ければ0
為替の変動幅に払い戻し額が依存しないシンプルなルール

 

バイナリーオプションってギャンブルじゃないの?

バイナリーオプションのルールがわかると、次にある疑問が出てきます。

「これって・・・勝率50%のギャンブルでは?

バイナリーオプションはその単純な二者択一というルールのため、サイコロの丁半博打やトランプのハイ&ローによく例えられます。

確かに、すべてのエントリーを勘に任せて一か八かで行っていたら、バイナリーオプションの勝敗は50%に収束するでしょう。

しかし、判断基準としている外国為替のチャートの値動きの多くがテクニカル分析に依存しているという事実を認識すると、勝率50%のギャンブルではないことがわかります。

テクニカル分析(Technical analysis)とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。引用<ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/)>

テクニカル分析とは、過去の値動きを分析し平均値を取るなどしてデータ化、そのデータを元に今後どのような値動きになるのかを予想するテクニックです。

テクニカル分析で使用する統計データは、世界中の人々がオンタイムでチャート上で共有しています。

共有された共通のデータを元に値動きを予想するので、同じようなポイントで買いや売りのエントリーが入ることが多くなります。

つまり、勝ちやすいポイント、負けやすいポイント、の認識も共通化しやすくなっているのです。

そして、同じようなポイントで買いや売りのエントリーが入った結果、為替相場の値動きはテクニカル分析に基づいたとおりに動き、予想の的中率が上がるのです。

あなたがもしテクニカル分析スキルを少しずつ身に付けていくのであれば、バイナリーオプションが単なる勝率50%のギャンブルではないことを身をもって体験することができるでしょう。

<雑談>将棋

みなさん一度は将棋をやったことがあるのではないでしょうか。
将棋の序盤に打つ手はプロ棋士でも共通化していることが多いです。
この理由は、過去の先人棋士たちの莫大な対局データが解析され、”定跡”というものが見出されているからです。
人間が共通のデータを共有(過去の先人棋士たちの対局の一手一手)すると、そのデータが分析されたり改良されたりし、より最善に近い手法が見つけられていきます(定跡)。
そしてまたそのデータ(定跡)が多くの人に共有されることにより、人の行動は共通化していきます(序盤の方で打つ手はいくつかの定跡に絞られてくる)。

テクニカル分析でも将棋の定跡とまったく同じことが起きています。

「テクニカル分析は、過去の値動きを分析し平均値を取るなどしてデータ化、そのデータを元に今後どのような値動きになるのかを予想するテクニック」なので、

過去のデータ(テクニカル指標など)がオンタイムで全世界の人々に共有された結果、将棋でいう定跡のような手(勝ちやすいエントリーポイントなど)が解析されていき、そのエントリーポイントがさらにまた共有されることにより、多くの人のエントリーポイントが共通化していきます。

そしてその結果、テクニカル分析どおりの値動きをしやすくなり、予想が的中しやすくなるのです。

 

バイナリーオプションはギャンブルのような性質を持っていますが、知識を身に付け経験を積むことにより勝率を高めることができます。

この知識や経験というのは具体的にいうと上記で述べたようなテクニカル分析力であり、共通のデータを解読できる力であり、”定跡”を知るという行為に当たります。

ポイント

勝率50%のギャンブルだと思われがちなバイナリーオプションですが、”定跡”を知るという行為によって勝率を高めることができます。

しかし初心者はテクニカル分析をするスキルが備わっていないため、しっかりとした根拠のないエントリーが増えやすく、結果ギャンブル性が高くなっている状態です。

このことを理解した上で、スキルをつけるまでは、投資金額を小さくしたり、経験者から情報を得るなどし、ギャンブル性をなるべく低く保ちながら知識や経験を徐々に積んでいくよう心がけておく必要があります。

 

バイナリーオプションって危険なの?

「バイナリーオプションは危険だ」という情報を見かけることは多いです。

その理由は、詐欺まがいの悪徳業者(取引口座を開設させてくれる会社)が目立っている時期があったからです。

悪徳業者は海外ブローカーに多く、口座に入金した自己資金や勝ち分が出金できないという事例がありました。

しかし、多くの悪徳業者は口コミにより衆知されるようになり、今ではほとんどが廃業しています。

そして、いま現在多くの人々が使用している業者が生き残っている優良業者であり、違法性のあるトラブルを起こさない業者になります。

<正しい認識>
「バイナリーオプション=危険」ではなく、「バイナリーオプション業者の一部=危険(だった)」

当サイトでおススメしている業者は海外のブローカーですが、おススメする根拠があるブローカーであり、実際に使用してみて問題がなかった口座しかご紹介していません。

もちろん、いま現在も現役で使用し続けている海外ブローカーたちです。

ポイント

業者選びのポイントは、「海外だから良くない」ではなく、「実際に使ってみた人の声や評判」「トラブルの発生件数」などを基準にしましょう。

また、多くのサイトでおススメ業者が紹介されていますが、信頼できると感じるサイトを見つけ、そのサイトから発信される情報を第一に参考にする癖をつけましょう。

 

リスクを自分でコントロールできるので、FXよりも初心者向き

「バイナリーオプションで大負けしたー」などという口コミを見かけることがあります。

しかし、そもそもバイナリーオプションはFXよりも非常に安全で、大負けしにくく、初心者向きです。

為替相場のチャートをしっかりと見極められるようになるための手慣らしとして、FXよりもバイナリーオプションの方が初心者に向いていると感じる理由を3つ書き出しました。

 

初心者向きの理由①:投資金額以上に負けない

ここまでで何度も出てきたバイナリーオプションとFXの違いの1つです。

FXはレバレッジ(投資金額の25倍)がかかっており、口座に入金した証拠金以上に負けてしまうことがあります

証拠金以上に出てしまった損失は「追証」という形で後から請求され、自己破産せざるを得なくなってしまった人もいます。

FXで一番重要なことは損切りであると言われるように、塩漬けされたポジションをどうするかの判断がとても難しく、個々で大きく差が出る部分です。

新米トレーダーの時期はチャートもまだしっかりと見極められない状態。そんな時期に損失が膨らみ続けたり、その損失を止む無く受け入れ損切りする時の気持ちはとてもつらいものがあります。

私自信、FXでは何度もそのようなつらい状況/難しい判断の局面を経験していますが、バイナリーオプションではそのような局面はありません。

投資金額以上に負けないからです

バイナリーオプションは損失を限定できるため、その結果、初心者でも安心してチャートを見る練習ができるのです。

 

初心者向きの理由②:1000円程度の少額でスタートできる

少額資金でスタートできるというのも初心者向きの理由の1つです。

理由①で述べたように、バイナリーオプションのルール上、すでに投資金額以上に負けないことは決まっています。

さらにそこに投資金額を1000円としたらどうでしょうか?

1回のエントリーで負ける場合の最大損失額は1000円固定で、なおかつもし仮にすべて勘でエントリーをした場合でも勝率は50%です。

 

初心者向きの理由③:多くの時間を必要としない

語弊を招かないように付け加えると、エントリーポイントの選定やチャートの見極めなど、”定跡”の習得には少し時間がかかります。

しかし、冒頭で説明したように、バイナリーオプションでの報酬獲得ステップはたったの4ステップ。

しかもエントリーから勝敗確定までの一連のステップに費やす時間は数分~15分程度です。

勉強はできるが現場の経験が少なく使い物にならない頭でっかちの人がいるように、得た知識の多くはアウトプットして初めて更なる気付きや向上が望めます。

初心者が一定の力量を持ったトレーダーになるまでには、実際の自己資金を使ってエントリー回数を重ね、生きた現場のトレードをこなしていく必要があります。

作業ステップに多くの時間を必要とする場合、初心者はスキルを身に付ける前に離脱してしまい、結果、勝てない投資となってしまいます。

ポイント

バイナリーオプションが初心者向きだと感じる理由は、1000円での少額エントリーで最大損失額を限定させながら為替相場のチャートの”定跡”を学ぶ機会を多く設けられることです。

このとき作業ステップに多くの時間を必要とする事柄は、特に副業の状態で始める初心者の方にとって大きな負担となってしまいます。

バイナリーオプションは工程がとてもシンプルなため初心者に向いており、勝率の最も低い新米とレーダーの時期を抜け出すまで、離脱させずに留まらせてくれます。

 

バイナリーオプションとFXの特徴比較:メリット/デメリットなど

バイナリーオプションとFXの違いを理解しておくことはとても重要です。

違いがわかると特性が見えてくるので、投資金額や相場の状況、さらにはあなたの環境によってもどちらが向いているか判断できるようになるからです。

バイナリーオプション FX
・どのタイミングでエントリーするか決めるだけ
値動きのチェックを頻繁にする必要がない
負けた場合でも損失を限定できる(掛け金以上は負けない)
・投資金額以上に勝つことはない
・勝ちor負けしかない(負けたら投資金額すべて没収)
相場が動かないときでも十分利益を出せる
1000円程度から始められる(低資金)
・長期的投資はできない
・スワップ金利がない
・ネット環境、パソコンorスマホがあればどこでも取引可能
・エントリー後、自らの判断で利確or損切りをする
・ポジションを持っている間は四六時中値動きが気になってしまうことがある
・口座内の自己資金以上に損失が膨らむことがある(レバレッジのため)
動いた値幅に比例して大きな利益を出すことができる
・大きな損失が出ても損切りしなければ相場が戻ってくることがある
・相場が動かないときは利益を出しにくい
・ロスカットされないために最低でも数万円必要
長期的な投資ができる(ポジションを持ち続けられる)
スワップ金利がある
・ネット環境、パソコンorスマホがあればどこでも取引可能

最も大きな違いだと思うのは、やはりバイナリーオプションは損失を限定できる点です。

この”損失を限定できる”ということにより、ポジションを持っている間値動きが気になり生活に支障をきたしてしまうというFXのデメリットをカバーします。

負けたとしても最高で1000円である場合と、決済をしなければいくら負けるかわからない場合では、気にかかる度合いが大きく違います。

実際私もFXをやっていましたし、今でもバイナリーオプションと併用して行っていますが、FXの場合はこのポジションを持っている間の疲労感がとても大きく、人生の幸福度が下がる感覚があります。

リア充ではなくなると言ったら良いのでしょうか(個人的見解です)。

 

ただ、FXでは予想がはずれて大きく損失が膨らんでしまったとしても、ポジションを持ち続ける間に相場が戻り、損益が±0になったり、利益に転じることもあります。

その点バイナリーオプションは、たった0.001反対に動いたとしても負けは負け、投資金額のすべてが没収されてしまいます。(しかし勝ちの場合はその逆になるので良い点として考えることもできます)

バイナリーオプションではほんの少しの値幅でも勝ちは勝ちなので、相場状況が活発でなくとも勝つことができます。

ただし、投資金額以上に勝つことはできないため、より多くの金額を勝つためには、投資金額を増やすorエントリー回数を増加させ勝つ回数を増やす必要があります。

ポイント

バイナリーオプションは自己資金の範囲内で計画的に投資ができます。損失額を限定できるからです。

損失額がすべて想定の範囲内に収まる点を一番に考えると、FXよりも初心者に向いている投資だと言えます。

ただし、バイナリーオプションにはFXと違いレバレッジがないので、利益を大きく出すためには1回の投資金額を増やすorエントリー回数を増加させ勝つ回数を増やす必要があります。

 

最終形態目指すべきはどこ?バイナリーオプションとFXの二刀流

上の項の表にあるように、バイナリーオプションとFXにはそれぞれメリット/デメリットがあります。

初心者の時期はバイナリーオプションのみでスキルを磨くことが第一ですが、最終的にはバイナリーオプション/FX双方の良い部分を取れるようになることを目指しましょう。

例えば、FXは値幅が大きく取れそうなときや長時間のトレード時間を確保できる仕事が休みの日などに行い、バイナリーオプションは値幅が小さいときやちょっとした合間の時間などに行う、といった区別の仕方です。

元となる為替相場のチャートはまったく同じものなので、チャートが読めるようになってくると”バイナリーオプション向きの相場/FX向きの相場”を判断することはまったく難しいことではありません。

バイナリーオプションのエントリーを何度もこなし慣れてきたら、再度「バイナリーオプションとFXの特徴比較:メリット/デメリットなど」の上記表に戻って再確認をするといろいろな気付きがあるでしょう。

ポイント

まずは1000円の少額エントリーでバイナリーオプションのトレードスキルを磨くことが最優先。これを忘れない。

慣れてきたら、FXで大きな値幅を掴み大きな利益を出し、値幅の小さいレンジ相場などでバイナリーオプションを活躍させることが最終形態であることを頭の片隅に入れておく。

そのような良いとこ取りがたとえできなかったとしても、最終形態を認識しながら行動することはもの凄く重要です。

 

あなたがバイナリーオプションに興味を持った理由を再確認してみて

当サイト「バイナリーオプション攻略島」に検索などでたどり着いているあなたは、何かしらの形でバイナリーオプションや投資といった事柄に興味を持ったからでしょう。

ここで、「そもそもなぜバイナリーオプションを始めるのか?投資を始めるのか?または始めようと思っているのか?」

という問いを今一度自分自身に投げかけてみて下さい。

バイナリーオプションを始めようと興味を持った人の多くは、おそらく・・・

  • 今の収入のままでは将来が不安
  • 家族にもっと贅沢をさせてあげたい
  • もっと旅行に行って楽しみたい
  • もっと自由な時間がほしい
  • もし働けなくなったら収入が途絶えるかも
  • 親孝行したい
  • ゆとりのある生活がしたい

などと考え、投資や副業に目を向けたはずです。

お金お金の人はあまり好かれないかもしれませんが、お金があることで生活や心にゆとりができ、人にやさしくなれるのも事実です。

自分や家族の人生を豊かなものにする1つの手段として、自己資産を増やすためのテクニックや知識は必要不可欠。

しっかりと自分の未来を見つめ、真剣に考えなければいけません。

バイナリーオプションは、損失を限定させながら短時間で大きな利益を獲得できます。そのメリットは計り知れません。

 

学生時代は勉強を頑張らなかったのに、働き始めてから大学に通う人がいます。起業し、寝る間も惜しんで働く人もいます。

なぜでしょうか?

それは”動機”の有無に大きく関係していて、動機があると人は行動しますし、その行動力はより力強くなります。

「パイロットになれば年収3,000万円もらえる」という事実を先に知っていれば、学生時代に物理学を必死に勉強したのに!と思う人は少なからず出てくるでしょう。

これが動機の力です。

 

老後のため、家族のため、子供の教育費、旅行にいきたい、親孝行したい、自由な時間がほしい・・・

あなたがバイナリーオプションに興味を持った理由を今一度再確認してみて下さい。

そしてあなたの限られた時間をバイナリーオプションに使っても良いかどうか答えが出たとき、大きな原動力となって行動できるでしょう。

 

まとめ

バイナリーオプションとは?から始まり、バイナリーオプションの特徴やFXとの比較をしてきました。

バイナリーオプションは、損失額を限定でき、1000円程度の少額取引からスタートすることができます。

そしてなおかつ多くの作業ステップを必要としないので初心者向きです。

チャートに張り付いている必要もなく時間がかからないため、サラリーマンや主婦の方など、副業としても最適です。

最終的にはFXとの併用が望ましいですが、初心者の方がいきなりFXに手を出すと大きな損失を被ってしまうことがあります。

そんな時バイナリーオプションはチャートの”定跡”を知る手慣らしとして活躍してくれることでしょう。

-初心者

Copyright© バイナリーオプション攻略島 , 2020 All Rights Reserved.